エンディングノート・遺言の書き方・作り方
エンディングノート・遺言の書き方・作り方
[1]トップページ
[2]お客様の声
[3]事務所紹介
[4]お問合せ
[5]エンディングノートの作り方
[6]遺言について
[7]資料請求
[8]リンク集

[*]前へ  [#]次へ

遺言について2.遺言の種類

遺言には特別方式の遺言を除いて以下の3種類があります。

 @自筆証書遺言
 A公正証書遺言
 B秘密証書遺言

 

@自筆証書遺言とは遺言者が遺言の全文、日付、および氏名を自書しこれに押印する方式の遺言をいいます。

 

A公正証書遺言とは公証人が作成する遺言を言います。

 

B秘密証書遺言とは遺言書本文は自書でなくてもよいが自ら署名押印し、その証書に封をして封印しこれを公証人に提出し公証人がその存在を公正証書作成手続きによって公証した遺言を言います。

 

 三者の比較をしてますと

   自筆証書遺言 公正証書遺言  秘密証書遺言 

お手軽度 

 3

 安全度

 1

 秘密度

1 

 3

 自筆証書遺言は紙とペンと印鑑があれば作れますし、自分で文面を考えるならば費用も特にかかりませんのでお手軽度では1番といえます。

 しかし保管の状態によっては紛失、偽造の恐れがあり、また文面についても民法の要件を満たさず無効になってしまう可能性があり安全度では最も劣るといえます。

 正しく保管する限りにおいて誰にもその内容を知られないという意味では秘密度は1番といえます。

 

 公正証書遺言については公証人の費用等が必要となりお手軽度では3番です。

 しかし公証人によって内容のチェックがされますから遺言が要件を満たさず無効になる可能性は低いといえます。また公証役場で原本を保管しますから紛失偽造の恐れも低いといえます。よって安全度は1番といえます。

 公証人及び証人に内容を知られるという意味では秘密度は3番です。

 

 秘密証書遺言は公証人の費用が必要です。もっともその金額は財産額にもよりますが公正証書遺言よりは安いといえます。お手軽度では2番です。

 遺言の内容につき公証人のチェックは入りませんので遺言が要件を満たさず無効になる可能性は自筆証書遺言とおなじです。もっとも遺言が公証役場で保管されるという意味では安全といえます。したがって安全度は2番といえます。

 公証人、証人に遺言の内容は知られませんが遺言をしたということは知られますので秘密度も2番といえます。

 

このようにそれぞれ長所・短所がありますので、あなたの事情に適した遺言を選択しましょう。

 

なお一般的には公正証書遺言がおすすめです。なぜなら遺言においていちばん大事なのは遺言が無効になってしまわないこと及び安全に保管されること、すなわち安全度を重視すべきだと考えるからです。

遺言について3 公正証書遺言作成の流れ に進む

遺言作成メール相談はこちら

 


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
エンディングノート・遺言の書き方・作り方トップページ