遺言に書いて法的効力が生じる事項

遺言に書くことによって法的に効力が認められる事項は民法上決められています。
すなわち
1身分に関する事項(子供を認知する、未成年後見人を指定するなど)
2財産に関する事項(相続分を指定する、特定の人に財産を遺贈するなど)
3遺言執行に関する事項(遺言執行者を決めるなど)
4その他(祭祀主宰者 [仏壇や墓などを引き継いで先祖の供養をする人] の指定など)
です。

これ以外のことは遺言書に書いてもその部分については法的効力を生じません。
たとえば「子供はお互い仲良くしなさい」「ギャンブルはやめときなさい」と書いたところで法的にこれを実現できません。
当たり前といえば当たり前ですが・・・