相続税について

相続というと相続税を思い浮かべる方も多いと思います。

ただ、相続税を払う必要のあった相続は近年では全体の5%弱です。

相続税については、相続財産から一定の額を控除した上でその額を算定します。

たとえば、相続人が配偶者と子一人の場合、7000万円が相続財産から控除されますので、相続財産がそれ以下ですと相続税はかかりません。

また、不動産についていろいろな評価額を減額する制度もあります。

相続税を払う相続は思ったより少ないと思われるのではないでしょうか?

ただ、相続税だけが相続の問題ではありません。

遺産分けでもめた、という話はよく耳にされると思います。

自分の亡くなった後、家族が相続争いでバラバラになってしまうことのないように遺言を準備しておくことが重要です。